ポイ速

ポイントサイト、アフィリエイト、ビジネス系のまとめサイトです。

朗報

【提督に朗報】艦これゲーミングPC 発売される

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 17:53:06.980 ID:SUNMKTL2M.net
no title

このスペックでお値段79800円てすごくね?
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1443084786/

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 17:53:43.736 ID:9E2aA6XW0.net
SSD120GBとか笑わせんな

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 17:53:55.750 ID:yEZx5Uau0.net
いやいや

4: マスカルポーネ少尉 ◆ITAlYcbkR. 2015/09/24(木) 17:54:11.197 ID:1QKs+qFvM.net
やめとき

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/24(木) 17:54:25.967 ID:Z873v0mS0.net
ボリ過ぎ

続きを読む

【社会】意外!ソニーのテレビが欧米で復活していた

sony-logo

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441724822/

1: 金吾中納言 ★ 2015/09/09(水) 00:07:02.27 ID:???*.net
2014年末ぐらいから北米におけるソニー製テレビの売り上げが急伸しているという情報が入りはじめ、当初は戸惑った記憶がある。
大型テレビの4K化という流れの中、ソニーがテレビを売りやすい環境にはなっていたものの、当のソニーは高付加価値モデルにフォーカスし、
「数より収益性」という方針を打ち出していた。とてもではないが、売り上げ台数が急伸するとは思えない。

 ところが1月に全米をカバーする唯一の家電量販専門店であるベストバイに行ってみると、そこには多数のソニー製品が並んでいた。
一時はサムスン電子やLGエレクトロニクスなどの韓国勢に席巻されていた売り場をソニー取り戻したのは、販促予算をベストバイ系列に集中させ、
主要350店舗にソニーブランドの「ストア・イン・ストア」を作ったからだった。

■ ソニーがベストバイで行ったこと

 テレビ事業のマーケティングを行うソニービジュアルプロダクツ・TV事業部商品企画部統括部長の長尾和芳氏は次のように勝因を分析する。

 「ソニー専用スペースで、画質の良さやサービスとの連動性、各種アプリケーション体験を深く知ることができる場を作った。4K画質の良さ、
色再現の良さなどが帆と目でわかる。結果、ベストバイにおける4Kテレビのシェアが急伸し、ライバル(サムスン電子)に肉薄できた」

 もちろん、どの店舗でも売り上げが伸びるわけではない。そこで、「なぜ売れたのか」という分析を徹底し、店舗に配置する販売応援員との
ミーティングを重ね、ソニーテレビが”売れるパターン”を共有していく作業を進めたという。

 今さらそんな地道なことをやっているのか、とあきれる声も聞こえてきそうだが、言い換えれば、ソニーはそうしたマーケティング面での施策が、これまでは甘かったのである。

 同様の手法によって、米国市場以上に成果を挙げているのがソニーヨーロッパだ。

 ソニーヨーロッパ社長には、インドでソニーブランドを伸ばした玉川勝氏が就任。「システムが出来上がっていない新興国において
一からマーケティングとセールスの仕組みを作り上げた経験がヨーロッパで生きた」(玉川氏)。それまで欧州各国ごと、個々にバラバラだった
組織をひとつにまとめ上げた。各国で情報を共有しながら売れる製品、売れない製品、売れ場所、売れない場所を分析し、常に調整を進める手法だ。

 その手法はデータの徹底した分析と現場主義に基づいている。データを掘り下げて問題を発見し、現場を視察して原因を究明。
改善結果をデータで検証するという正攻法を繰り返したという。その徹底ぶりについていけない幹部は去り、欧州現地法人のトップは、
この3年を経て、"現場で汗をかく人間"に入れ替わった。

 ソニーを扱う販売店の選択も進めた。もっとも販売効率が高い販売店に重点的にソニー製品を置き、費用対効果を高めるといった手法も取り入れている。

■ ソニーのテレビ出荷台数が急増

 その成果が最初に出ているのがテレビである。2013年は前年比で67%も出荷台数が伸びた。続く2014年も同33%増。
しかも4Kテレビや高付加価値のフルHDテレビにフォーカスした結果、平均売価も上昇している。

 前出の長尾氏は「マーケティングにおける分析の徹底により、製品開発へのフィードバック面でも良い影響が生まれている」と話す。
顧客ニーズを正確に捉える努力をすることで、製品の機能やターゲットとする価格帯、デザインなど、さまざまな面で「売れる製品」を作れる情報が集まるようになったという。

 現場・現実主義は、これまでのソニーのイメージとはかなり違うものだ。これまでのソニーは、多様な製品を結びつけ、プロフェッショナル分野から
エンドユーザー製品、映画・音楽まで幅広いジャンルをカバーする強みを生かすことを目指しており、実際、それが機能した時期があった。
グループ全体で新技術・新規格の早期立ち上げを進め、先行者利益を取りに行くのが、ソニーらしさだったともいえる。

 その意味では、このマーケティングの取り組みは、ソニーらしくないものの典型だ。しかし少なくとも数字の面では、その成果が現れていると言えるだろう。

 このソニーとは対照的で、かつてのソニーらしさを彷彿とさせているのがLGエレクトロニクスだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150908-00083597-toyo-bus_all
続きを読む

【歓喜】ドラゴンボール超(スーパー)めちゃくちゃ面白いwwwww

no title

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1436056030/

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/05(日) 09:27:10.452 ID:nnNH343sa.net
安心した!
小学生以来の新作テレビシリーズ超楽しみだわ

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/05(日) 09:27:28.708 ID:Q7ZoPoY30.net
そうか?

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/05(日) 09:28:51.518 ID:nnNH343sa.net
>>3
テレビシリーズ見てるなーって感じがしてリアルタイムで見てた時を思い出して良かったわ

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/05(日) 09:27:32.101 ID:lsYxac0i0.net
来週は間違いなく神回

続きを読む

【朗報】ドラゴンボールZの新作映画、大成功 ※微ネタバレ注意

db
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1429504088/

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 13:28:08.03 ID:t802RJEB0.net
ドラゴンボールZ 復活の「F」、初週2日間で興行収入10億円に迫る!前作対比140%、
最終興収50億円も射程圏内

 4月18日に公開となるアニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』だが、初週2日間で
興行収入9.6億円超という絶好のスタートを切ったことがわかった。
 2013年3月に17年ぶりの劇場版として公開された「ドラゴンボールZ 神と神」に続き、
19作目の劇場版ドラゴンボールとなる本作。前作「神と神」の続編で、原作者・鳥山明さん
自らが脚本を担当することでも注目を集めている。監督は、長きに渡ってシリーズの作画
監督を務め、前作では総作画監督として参加した山室直儀さん。キャストは野沢雅子さん、
中尾隆聖さん、山寺宏一さん、森田成一さん、堀川りょうさん、佐藤正治さん、鶴ひろみさん、
田中真弓さん、古川登志夫さん、草尾毅さん、緑川光さん、皆口裕子さん。主題歌を歌うのは
アイドルユニット「ももいろクローバーZ」。

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 13:28:18.27 ID:t802RJEB0.net
 4月18日より東映史上最大規模の653スクリーン(2D×325/3D×300/4DX×10/IMAX3D×18)で
公開された本作だが、初週2日間で約71.6万人を動員し、9.6億円を超える興行収入を記録したことが
判明。週末ランキングでは動員数・興行収入ともに1位で、30億円近くの最終興行収入を叩き出した
前作(2013年「ドラゴンボールZ 神と神」)と比べても、動員127.4%・興収140.3%と絶好の成績となって
いる。
 なお、この数字は今週末のみならず2015年に入ってから公開された全作品の中でもNo.1。最終興収
50億円の大台も見えている。
https://akiba-souken.com/article/23427/

続きを読む
げん玉

げん玉 詳細 解説

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタス 詳細 解説

お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com 詳細 解説

GetMoney!

GetMoney! 詳細 解説

モッピー
モッピー | お金がたまるポイントサイト
モッピー 詳細 解説

ポイントハンター

ポイントハンター 詳細 解説


最新コメント
QRコード
QRコード

記事検索

アクセスランキング



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ